お金借りる

お金借りるキャッシングのメリットとデメリット

お金が足りない時にキャッシングを考える方は多くいます。

 

クレジットカードについていたり、銀行のキャッシュカードについていたりして非常に便利です。

 

また、大きな買い物をしたり急な買い物の時にはすぐに使えたりします。

 

そのため、身近に購入したいものが買えたりする利点があります。

 

しかし、借りすぎてしまうと返済が出来なかったり、自分の首を絞めてしまうこともあります。

 

また、各金融会社利率は違いますので、借りるときの金利については最新の注意を払う必要があります。

 

契約条件については良く目を通すことが大事です。

 

大きな買い物などでキャッシングを利用するときは利息などの条件を確認して自分の収入に見合った借り方をすることが重要です。

 

 

恥ずかしいけどキャッシング
もっと格好のついた理由だったらいいんだけど、生活費が足りないんですよ。そこで、キャッシングです。

 

同棲してる彼女がちょっとうつっぽくなっちゃって、仕事しなくなってしまったから、自分が生活費を全部出さなきゃならなくて、もう貯金も全部なくなっちゃって。でも、病気になってる人に出て行けとか、なんか言い難いじゃないですか。

 

嫌いになってたら、冷たくも出来るのかもしれないけど、まだ、好きだし。

 

せめて実家に帰って、治ってからまたきてくれないかなと思うのだけど、実家に帰るのはいやだって言うし。

 

もう少ししたら、治るのかなって思いながら、キャッシングで足りない生活費を借りています。

 

限度額一杯になるまでは、もうしかたないかなと諦め半分です。

 

余裕があるときだからこそキャッシングを利用する

金融会社を利用する人の多くは、ほとんどの方がお金に余裕が無い時にキャッシングサービスを利用するのが一般的ですが、実際にはお金に多少余裕のあるときでも積極的にキャッシングサービスを利用することによって、得をする場合があります。

 

お金に余裕があるときはなるべく手持ちの現金を利用し、お金が無いからキャッシングを利用する。

 

そのような常識を覆すキャッシングの利用方法、それがお金に余裕があるときにキャッシングサービスを積極的に利用すると言う方法です。

 

常識的に見て、このようなキャッシングの利用方法は非効率的だと思われていますが、実際に余裕のあるときにキャッシングサービスを利用すれば、後々の返済計画も余裕を持って行うことも可能になり、余裕の無い返済計画よりはストレスが少なくてすむと言うメリットがあります。

 

困ったときのキャッシング

 

キャッシング、所謂消費者金融という会社は使用をしたことの無い人からすると、
恐ろしい、
利息が高いため雪だるま式になり生活に困窮してしまうことのなる、
使用するのが後ろめたい、
抵抗がある、といったマイナスナイメージを持つ人が多いのですね。

 

近年ではキャッシングはとても爽やかで健全な会社になっているのです。
テレビコマーシャルや広告などでもキャッシング会社の宣伝が良くされていますが、とても親しみやすいものとなっています。

 

利用をするためには消費者金融会社の店頭まで人目を忍びながら足を運ばなければならないのか、と思っている人もいます。

 

現在ではインターネットの発達により、消費者金融会社にてキャッシングをするためには
パソコンや携帯電話、スマートフォンからインターネットに繋ぎ、キャッシング会社サイトを開き、そのサイトのガイドに従って審査と申し込みが行える会社がほとんどです。

 

この便利なシステムにより、簡単にキャッシングができるのです。

 

受け取りも、店舗まで行かずに済み、コンビニのATMなどから受け取りが可能です。

 

キャッシングの申し込みや受け取りシステムは会社によって異なるので自分に合ったスタイルを選びましょう。

 

 

女性専用や男性専用といったカードローンが多く利用されるわけ

 

男性に限らず、女性もお金に困ったらカードローンでお金をかりていますよね。

 

どうしても今必要なお金が足りない、そういうときに助かりますよね。

 

しかし、安易に借りてしまうととても怖いですよね。

 

返済計画のないまま、かりてしまい、返済のあてもない状態が続く。そうなると困ったものです。

 

お金を貸した業者は取り立てにやってくる。

 

返せないから急場しのぎで他のカードローンで借りて返済にあててしまう。

 

また返済出来ないから取り立てに来る・・・。

 

こんな状態が一生続くのか、と思ったら本当に怖いですよね。

 

実際に私もカードローンでお金を借りたことがあります。

 

私自身が入院することになり急なお金が必要になってしまったので、正直後ろめたい気持ちでしたが仕方なくカードローンでお金を借りました。

 

返済できる当てがあったから借りた。

 

返済できないのに借りた。

 

意味合いが全然違うので返済出来ないのにお金を借りるのは絶対にしないでください。

 

貯金生活始めたいんですけど…

「貯金」って、どうやったらできるんですかね?
「先取り貯金」「節約」「収入を増やす」等々、「貯金」するための方法があるのは知っているんですが、なかなか上手くできないのはどうしてでしょう?
消費税もこれから8%、10%とどんどん上がっていって”出る方(支出)”は増えるばかりだというのに、肝心な”入ってくる方(収入)”は全然先行きが明るくありません。
やはり、一度、時間をかけてじ〜っくり家計を見直す必要があるのかもしれないですね。
というわけで、図書館に行って「貯金」と名のつく本を数冊借りてきて、まずは勉強です!!
数冊読んでいると、やっぱりどの本にも、家計を一度見直して、「収入」に対する各勘定項目の「支出」の割合を算出しましょうと書いてありました。
食費、住居費、光熱費、通信費、娯楽費、保険料、被服費、交際費等々…と細かく分析して、1ヶ月あたりいくら使っているのかを計算するんですって。
ということは、家計簿を最低1ヶ月間つけていなければ各勘定項目の算出は出来ないわけで…。
結局のところ、いきなりは出来ないということですよね?
「貯金生活始めよう!」と意気込んでみたものの、「まずは家計簿から!」ということになり、若干意気消沈…。
『家計簿が続けられる人はきっと言わずもがな、貯金も出来てるんだろうな…』と思い、貯金以前に「家計簿の継続は貯金なり」が目標になりました。

 

page top